お知らせ 2017年06月19日

神田店(アルミ材)リペア補修その3

今回はアルミについての補修を行なってみます。

住宅のベランダ、バルコニーなどでよく見かけますアルミ材

ちょっとしたはずみでくぼみ傷を作ってしまいます。

今日はそんな小さいくぼみを補修していきたいと思います。

まずはこちらのサンプル品です。

比較できるように2ヶ所にくぼみを作ってみました、大きさで

約5ミリ程度です。

裏から見るとこんな感じ、ぽこっとしてるのが分かります

くぼみに対し少しヤスリをかけて専用のパテを付けます、

ここでは、すばやく悩まずパテを付けていきます。

盛りすぎず、薄すぎずです。

このあと乾燥してきたらパテを削っていきます、水平に均等に

集中して削ります。ときどき手で触りながら平行かどうか

見ていきます、この処理をきれいにしっかりと行なわないとあとあと

仕上がりにも大きく影響してきます。

だいたいこんな感じでしょうか、(良しとしましょう。。)

パテをガンガン削るので机の上は真っ白になります。

私も近く置いてたパソコンが真っ白になってました・・・・

※パテを削る際は周りにも注意しましょう。

面だしができたら、下地の塗装を薄く数回に分けて行います。

こんな感じでくぼみが見えなくなってきました、

最後の仕上げで色を付けていきます、素材のアルミ材についても

何種類も色があるので事前に色合わせしておくと楽です。

スプレーを軽くかけてみるとなんとなくいい感じになってきました!

左側にあったくぼみはほとんど分かりません。

小さいくぼみでも意外と全体でみると大きく沈んでいる事が

分かりました。

以上、今回はアルミ材の補修を行ないました。

また次の補修が出来上がりましたら、ブログでお知らせ致します。

以上、神田店でした!