お知らせ 2018年11月12日

スチール製品のヘコみ放ったままにしていませんか?前編

皆さん、こんにちは!

リペアチームのスズキです!

 

今までは「木製家具」をメインに扱ってきましたが、今回は、、、

 

「スチール製品」をやります!

 

とは言っても「スチール製品」はご家庭というよりは「学校の掃除用具入れ」「ロッカー、「下駄箱」「事務机」などに多く使われていますね。

そんな「スチール製品」固そうに見えて実は平面は非常に弱いんです。

「学校の掃除用具入れ」などよく凹んでいるのを見かけます。

 

実はその凹み、、直るんです!!(川平慈英風

 

今回はこちら!

スチール製の受付台です!

 

会社の受付ということもあり、今回も気合いを入れて直していきます!

 

①傷の確認

物の衝突によりできた凹み傷ですね。

 

②下地処理

ヤスリを使用し、荒れた面を整えていきます。

 

③スチール専用のパテを使用し凹んだ箇所を埋めます。

埋めた画像がこちら↓

「あれ?こんなに凹んだ場所大きかったっけ?」

「塗り過ぎじゃない?」

 

と思った方!

実はスチール製品は直接目で見える凹みに対して約2~3倍凹んでいるんです!

そのため平面を出すためにはこれくらい埋める必要があるんです。

 

さて!次回の後編では!

手に汗握る「平面出し作業」
腕の見せ所「塗装作業」

の二本立てでお送りいたします!乞うご期待くださいませ!

次回更新は11月14日を予定しております!

※今回補修した内容に関してはお客様の許可の下、撮影・投稿を行っています。


家具のお直し専門リペアチーム
木製家具・床・革製品・大理石・スチール製品もお直しいたします!
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県なら無料出張お見積もりも実施中!
ぜひお気軽にご相談ください!